よーさんと私と

夫と私と息子と猫と日々のあれやこれや。不定期更新中

【抱っこ紐比較レビュー】ベビービョルンONE+Air/ボバラップ/BABY&Me ヒップシートキャリア/エアリコ/mamaluna

f:id:yoosanxwatashi:20180622134834p:plain

【最終更新日】2018.6.24

【月齢】新生児~3ヶ月時点までの使用感

 

 

 買うつもりはなかったのに、もらったり、夫が自分用にと買ってきたり、その影響で私も買ってしまったり、気がつけば抱っこ紐が5本にもなってしまったので、じゃあどうせなら比較レビューしてやろう!ということで抱っこ紐の比較レビューを書くことにしました。これからどれを買うか悩んでる人の参考になればと思います。ただし一番人気のエルゴは持ってないという……( ˘ω˘ )

 

 

チェックする箇所

前提として

  1. うちの息子は新生児の頃から縦抱っこ大好き
  2. というか縦抱っこでしか寝ないので、昼と夜の寝かしつけに使う
  3. 昼寝は抱っこ紐で寝かしつけ後、そのまま2時間ほどソファなどにもたれかかってラッコ寝に移行することあり
  4. 3ヶ月時点で首がすわっている

です。そのためチェックする部分としては

  • 新生児(首すわり前)でも使えるかどうか
  • 長時間(1時間以上)使って肩や腰が痛くならないかどうか
  • 首がすわってなくても両手があくかどうか
  • 外出先でも使えるかどうか
  • つけやすいかどうか
  • 価格(税抜)

などの部分を、月齢ごとの感想をまじえながら比較していこうと思います。

ベビービョルンONE+Air 

f:id:yoosanxwatashi:20180622071430j:plain

CHECK

使用開始時期:新生児からOK

体への負担の少なさ:★★★

装着のしやすさ:★★☆

持ち運びのしやすさ:★☆☆

両手:使える

定価:20,000円

誰でも使いやすい安定した使用感

新生児~3ヶ月

 新生児から使えるものがほしかったので一番最初にこちらを買いました。頭がサポートで支えられているので、抱っこしている最中両手があき、家事をすることが可能です。また、装着がバックルを止めるだけなので、1回やり方がわかれば装着は簡単です。ただ顔まで覆っているので結構蒸れます。

 体への負担も、抱っこをした後にベルトを引っ張って調整することができるので(ただし抱っこ時に調整可能なのは締めることだけで、緩めるのは至難の技です)、しっかり調整すれば肩や腰への負担は比較的少ないと思いましたが、やはり長時間は疲れます。逆にちゃんと調整しないとかなり肩に来ます。調整は比較的楽なので、1日に何回も使いまわす……という状態でなければ、パパと使いまわすことも可能です。

抱っこ紐で外出する時は頼もしい

 前向き抱っこもおんぶもできるので、抱っこ紐のみでの外出なら全然問題はないと思いますが、かさばるのでベビーカーでの外出時には結構邪魔ですね……。ずっとつけててもいいですが、それはそれでかさばるのでうっとうしい感じがあります。

長時間かかる寝かしつけ向き

 両手が開いて負担も少ないので、寝かしつけに時間がかかるとき(1時間以上~)でもあまりつらくはなりませんが、構造上どちらかと言うと肩に来ます。着地させる際、バックルをはずす時にどうしてもカチッカチッと音がするので、息子が新生児の頃はほぼ必ずモロー反射を起こしてましたが、それが原因で着地失敗することは基本的にありませんでした(着地失敗した時はほかの事が原因)。

 ただし、昼寝でラッコ寝に移行する際は、バックルが息子の顔にあたるので手やタオルでカバーしないと痛そうでした。また、2ヶ月頃から、ベビービョルンを使っていると太股の付け根にビョルンの食い込み痕がつくようになりました。息子はスヤスヤ寝てるので私は気にせず使ってますが、ほかのママさんはそれが気になって使うのをやめた……という方もいました。

まとめ

 セカンド抱っこ紐には向かないですが、メイン抱っこ紐としては申し分ないと思います。1本で長く使いたいならビョルンだと感じました。エルゴは小柄な方に向かないという話を聞いたことがありますが、ビョルンの場合は身長150前後でも使えるようです。元々その方の話を聞いてビョルンを選んだので(私は身長164cmありますが……!)。あととても細かいことですが、公式のスリーピングフードが売ってないので、欲しい場合は個人が作ったものを入手しないといけないのがやや面倒でした。

 

 

 

 ボバラップ

f:id:yoosanxwatashi:20180622072031j:plain

CHECK

使用開始時期:新生児からOK

体への負担の少なさ:★★★

装着のしやすさ:★☆☆

持ち運びのしやすさ:★☆☆

両手:使えるはずだけど使えない

定価:7,000円

肩腰への負担は少ないものの、上級者向け

新生児~3ヶ月

 密着感と赤ちゃんや母親への負担の少なさが売りになっていたので買ってみましたが、とにかく装着がめんどくさいと感じました……。ボバラップの巻き方自体はそんなに難しくないのですが、ゆるいと時間が経つうちにどんどん赤ちゃんが垂れ下がってきて腕でだっこしなきゃいけなくなり、きついと赤ちゃんの脚のしめつけが心配&赤ちゃんを入れる時にかなり布をひっぱらないといけなくとてもやりづらく感じました。

 うまく入れられれば気持ちのいい密着感があり、また上下に少し揺らすといい感じにはずみがついてゆさゆさ揺れてくれる上に肩や腰への負担もとても少ないです。が、とにかく装着に時間がかかります。赤ちゃんが泣き出してから装着するとあわててしまい、結果的に微妙な着心地になることが多かったです。つけっぱなしにすると、今度は授乳の時にとても邪魔になり……。

 また、新生児の頃は布で頭も包んでしまえば大丈夫と書いてありましたが、うちの息子は頭をぐりぐり動かす&苦しそうで結局入れられず、ずっと片手で頭を支えていました。あとものすごく蒸れます。

3ヶ月以降使用予定なし

 残念ながら、ボバラップは3ヶ月以降使う予定はありません

外出時に使おうとは思えず……

 ボバラップ自体の長さが相当長いので、外出先でつけることはものすごく難しいと思います(布が床にこすれることを気にしないのであればつけられますが……)。脱がずにつけたままにすると授乳ができませんし、個人的には締め付けが強く不快、締め付けが気にならないレベルだと赤ちゃんを入れた時にたるんできてぐだぐだになる事が多かったです。さじ加減が難しかったです。

寝かしつけにはGOOD

 肩や腰への負担が少ないので長時間抱っこは疲れません。また、寝た赤ちゃんを出す時も首の後ろを支え、2枚の布を横にはずしていけば比較的静かに、かつ振動を少なく出せます(足が布にひっかかりますが慣れればすぐはずせます)。 ラッコ寝に移行するのもスムーズですし肌触りのいい布なのでそのまんま抱っこしていて問題はありません。ただしうっかりそのまま横向きになってしまうと、紐が親の体をかなり締め付けてくる上にゆるめる(はずす)のが難しく、1度とても苦しい思いをしたことがありますので気をつけてください。密着感と暖かさも、寝かしつけに向いていますね

まとめ

 あくまで個人的な感想なのですが、メインの抱っこ紐としても、セカンドの抱っこ紐としても、器用な人&慣れれば問題ないのかもしれませんが、装着の難易度が高すぎると思いました……。

 

 BABY&ME ヒップシートキャリア

f:id:yoosanxwatashi:20180622073918p:plain

CHECK

使用開始時期:新生児パッド使用であれば新生児から。なければ4ヶ月からOK

体への負担の少なさ:★★★

装着のしやすさ:★★★

持ち運びのしやすさ:★☆☆

両手:使える

定価:ヒップシートキャリア18,500円、新生児パッド5,000円

ヒップシートに乗れるようになってから大活躍

新生児~2ヶ月

 新生児バッドは高いです。生地の素材がとてもふかふかで気持ちいいのですが、逆にふかふかすぎて暑かったようで、うちの息子は嫌がって使えませんでした。秋冬生まれの赤ちゃんなら大丈夫かもしれませんが、春夏生まれの子には厳しいと思います。また、ヒップシート最大のポイントは、首のすわりではなく赤ちゃんの足の開きにあると思います。首は座ってなくても手で支えれば大丈夫ですが、ヒップシートに座るためには足を開かないといけなく、生後2ヶ月の時点では苦しそうだったため乗せられませんでした(もちろんその点を新生児パッドがカバーしてくれるのですが、うちの息子は嫌がって使えませんでした)

 ちなみに新生児パッドを使わなくても横抱っこや授乳の際に使うことができます(これまた息子は横抱っこだと嫌がるので活躍しませんでしたが)

3ヶ月(首すわり後)~

 首がすわり、なおかつ足が開くようになったのがうちの場合3ヶ月からだったので、その時点でヒップシートキャリアの使用を開始しました。体への負担はかなり少なく楽だと感じましたが、長時間使うとやはり腰に来ました。肩を休めたいときには打ってつけだと思います。また、つけるのがとても簡単なのですぐ抱っこしたい時に便利です。ヒップシートだけでなく抱っこ紐も使えば両手も使えますし、抱っこ紐の装着もシンプルで楽でした。サイズ調整は腰の部分だけでいいぐらいなので、使い回しがとても楽です。ヒップシート単体ならほぼ蒸れません。抱っこ紐を使うとそこそこ蒸れます。

外出時のメイン抱っこ紐として最適

 こちらも6wayなので幅広く使えます。サブではなく完全にメインとして使う抱っこ紐だと思います。持ち運びもできますが、やっぱりかさばるのでベビーカーのお供には向かないかもしれません。でっぱりが気にならないならヒップシートだけずっと腰につけていることはできます。

寝かしつけの着地が一番簡単

 両手が開いて負担も少ないので、ビョルンと同じく寝かしつけに時間がかかるときでもあまりつらくはなりませんが、構造上腰に来ます。

 着地させる際は、抱っこ紐の中で一番簡単だと思いました。ヒップシートのみの場合はそれこそおろすだけでいいですし、肩紐をつけていたとしても後ろのバックルを片手ではずすだけでいいので、動作が少なく、かつ音も立てにくいです。赤ちゃんがヒップシートを好むかどうかの問題はありますが、今寝かしつけで一番活躍しているのはこの抱っこ紐ですね。マジックテープのびりびり音はうるさいですが、うちはいつも離れた部屋ではずしているため気になったことはありません。

 新生児パッドを使用しての寝かしつけの場合は、新生児パッドをはずす手間が増えるので難易度は一気に上がる気がします。おろした後に、赤ちゃんの体からパッドをはずさないといけないので。

まとめ

 メイン抱っこ紐としてかなり優秀だと思いますが、ヒップシートに座れるようになるまでの時期をどう乗り切るかが鍵になると思います(私はあえて首すわりではなく足の開きを重要視しています)。ヒップシートキャリアは20kgまで耐えられるので、長いお付き合いになりそうです。

 

 エアリコ

f:id:yoosanxwatashi:20180622073242j:plainCHECK

使用開始時期:新生児からOK

体への負担の少なさ:★★☆

装着のしやすさ:★★☆

持ち運びのしやすさ:★★★

両手:使えない

定価:7,980円

安定感のあるクロス抱っこ紐

新生児~3ヶ月

 首すわり前でも頭を手で支えれば使える、10秒で装着できる抱っこ紐として紹介されていたので買ってみましたが……抱っこだけならヒップシートの方が楽で早いです。赤ちゃんの入れ方はボバラップや後述のmamalunaとほぼ一緒です。また、公式で推奨されている抱っこの仕方だと、首すわり前の息子が一度ガクンとのけぞってあやうく落下しそうになったので、私は公式とは違うやり方で入れています。

 

 また、一人ひとりにあわせたサイズで固定されているので、体格が離れた人との併用はおそらく難しいと思います。1サイズまでなら併用可と公式サイトに記述がありましたが使ってみた感じ、SサイズのものをSSサイズの人が使うのは大丈夫ですが、SSサイズのものをSサイズの人が使うのはちょっと苦しいかもしれません。使用感としては、少し窮屈な感じがしますが、布を1枚はさんでいるだけなので素の抱っこに近い密着感があります。赤ちゃんへのしめつけも少なく、ふとももに食い込み痕が残ることもありませんでした。生地が分厚いので少しだけ蒸れますが、赤ちゃんが露出している部分が多いのでそこまで気になりません。

エアリコのみでの外出は首が完全に座ってからでないと心許ないかも

 赤ちゃんを固定している部分が少ないので、暴れた時にママの両手がふさがっていると事故が起きそうな気がします……。まとめるためのベルトが付属しているのと、薄いので持ち運びにはすごく便利です。ベビーカーのお供としてはとてもいいと思います。

寝かしつけの時は必ず頭を支える必要あり

 生地がふかふかでしっかり作られているので安定感は高いですが、意外と肩や腰には結構負担が来ます。ベビービョルンやヒップシートキャリアよりやや劣る感じです。ヘッドサポートがないので、寝かしつけ時には必ず頭を片手で支えていないといけないので、この辺りは好みの差がでるかもしれません。

 着地の時、赤ちゃんの足が抱っこ紐に引っかかることがあるので、あらかじめある程度引っ張り出してからおろしたほうが楽ですね。その動きが若干大きいですが、それが原因で着地失敗になったことはない気がします。

まとめ

 セカンド抱っこ紐、ベビーカーのお供向きだと思います。見た目がとにかくかわいいので、テンションが上がるのはこちらの紐ですね。また、私は公式で事前にサイズをシミュレーションしたのですが、それでもサイズがあわなかったので装着サポートに連絡してお直しをしてもらいました(S→SS)。その際に装着写真を送ったところ、負担が軽くなる装着の仕方なども教えてもらい、サポートがとても親切だと感じました。今はベビーカーのお供として使用しています。

 

エアリコ 公式サイト

 

 mamaluna



f:id:yoosanxwatashi:20180622073253j:plain

CHECK

使用開始時期:新生児からOK

体への負担の少なさ:★★☆

装着のしやすさ:★★☆

持ち運びのしやすさ:★★★

両手:使えない

定価:2,000円

安さ重視ならこれで十分

新生児~3ヶ月

 夫が買ってきたものですが、とにかく安い。その一言に尽きます。装着の仕方はボバラップやエアリコと一緒ですが、紹介した抱っこ紐の中では一番肩や腰への負担が大きいです。ビョルン・ボバラップ・ヒップシート<<<エアリコ<mamalunaという感じ。ただし私はデフォルトの状態からサイズ調整をしていないので、きちんとサイズ調整をすれば少しはよくなるのかもしれません。また、サイズ調整ができるので他の方と併用が可能です。それ以外の使用感は、ほぼエアリコと同じです。布が薄いか分厚いか、サイズ調整ができるかできないかぐらいの違いですね。

ベビーカーのお供として優秀

 エアリコとほぼ同じです。ベルトがついているかついていないかの違いですね。

寝かしつけ中に負担を感じることも

 こちらもまた、エアリコとほぼ同じです。チャックのつくりがちゃっちいので、それだけ開け閉めしにくいかな?という感じです。mamalunaの負担が一番大きいと感じたのは、mamalunaだけ抱っこしている最中から腰が痛くなったところですね。きちんとサイズ調整すれば大丈夫なのかもしれません。

まとめ

 そんなに長時間使わないしとにかく安いのが欲しい!というのならmamalunaでいいと思います。また、生地もペラペラなのですが、その分風通しがよく蒸れにくかったりします。

 

 総評

 メイン抱っこ紐として使うならベビービョルンONE+AirかBABY&Me ヒップシートキャリアサブ抱っこ紐として使うならエアリコかmamalunaですね(ボバラップさんはごめんなさい……)。ちなみに我が家では、メインはヒップシートキャリア、サブはエアリコを使っていますが、大きくなったらヒップシートは一つ持っておくと便利だと思いました。長くなりましたが、以上で抱っこ紐レビューは終了です!あくまで個人的な感想なのですが、少しでも何か参考になれば嬉しいです。さらに突っ込んだ使用感が知りたい場合はtwitterマシュマロなどで聞いていただければ答えられる範囲で答えます~!

 

よかったら押してもらえる&読者になってもらえると励みになりますヽ(^o^)丿


コミックエッセイランキング

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村