よーさんと私と

夫と私と息子と猫と日々のあれやこれや。不定期更新中

【育児日記】慣らし保育~10日目(完)~

f:id:yoosanxwatashi:20190425214106p:plain

f:id:yoosanxwatashi:20190425214102p:plain

f:id:yoosanxwatashi:20190425214059p:plain

f:id:yoosanxwatashi:20190425214056p:plain

 

 慣らし保育、なんとか終わりました!

結局最後まで泣きっぱなしだった登園

 そのうち泣かなくなるかな~と期待しながらの慣らしでしたが、結局最終日まで泣きっぱなしのぷい。余談ですが、慣らし最終日どころか、4月中は全て泣きながらのお別れでした……。

お昼寝、たっぷり2時間!

 ぷいは普段昼も夜も寝かしつけにおしゃぶりが必須な上に、大体40分ぐらいすると起きてまたおしゃぶりを探して泣いていたので、保育園での長時間睡眠が可能かハラハラしていたのですが、ついにこの日おしゃぶりなしで2時間寝てくれたらしく……とても感動しました。しかもこれをきっかけに家でもあまりおしゃぶりを必要とする時間が減って(何回かおしゃぶり卒業を試みたときは全然だめだった)、保育園さまさまです。

全く教えていなかったスプーン食べも

 同じ教室の子達が自分でスプーンを使っているのを見て「すごいなあ」なんてのんきに感心していたら、まさかのぷいが突然自らスプーンデビュー!まだまだ自分で上手に食べる……とまではいきませんが(9割こぼす)、家では全く教えていなかったので本当に驚きました。年上(月齢が高い子)を見て学ぶというのは聞いたことがありますが、本当にすごく学んでいるんだなぁ……!

ぷいも私もがんばった鳴らし保育

 毎朝泣くのもそうだし、迎えに行った時に泣きはらした顔をしていたり、半日近くのまず食わずだったり、よく寝る子であるぷいが全然眠れてなくて目の周りを真っ赤にしていたり、そういう小さなことが私にとってはとてもつらかった慣らし保育。正直、私もまだ離れがたいのに、ぷいに無理をさせて保育園に通わせなきゃいけない理由ってあったのかな……なんて考えた日もありました。でも、ある日突然新しいことができるようになっていたり、保育園ノートに書かれるぷいの日々の様子が活き活きとしていたり、大変だけじゃなくって、着実にいろんなものを吸収してきているんだなあと思えるようになりました。なかでも私が一番嬉しかったのは、「最近保育士に抱っこして欲しいときは近寄って手を伸ばしてくるようになりました」という先生のコメント。これは家族以外にも「ぷいの味方」ができたということで、それってとても素敵なことだなと……!

 

そんな感じで終わった慣らし保育。結局4月中はずっと泣いてお見送りになりましたが、いつか泣かずにお見送りしてくれる日が来るのを願って、がんばっていきたいと思います!

 

よかったら押してもらえる&読者になってもらえると励みになりますヽ(^o^)丿

 


コミックエッセイランキング

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村